恋待ちうさぎ

プレイした乙女ゲームのネタバレなしの感想をつらつらと。購入に迷っている方のお役に立てましたら幸いです。

【スポンサーリンク】

逢魔が刻~かくりよの縁~

189本目の乙女ゲーム
文化放送エクステンドさんのPSVita用ソフト。

逢魔が刻の帰り道、
突然幽世に誘われてしまった
女子高生の主人公。

人が幽世に誘われると、
特殊な能力を発揮する場合がある
という例に漏れる事なく、
彼女にも特別な力が生まれた。

彼女の力は掬う力。
見えないもの、聞こえないものを
掬い上げる力。

その力を活かし、
鎮守学舎の夜警隊に所属し
幽世の平和を守りながら、
現世に帰る方法を探す事に。

-----

攻略キャラ

 ・颯(cv.細谷佳正さん)
 ・常磐(cv.斉藤壮馬さん)
 ・礎奏太(cv.石川界人さん)
 ・宵宮(cv.高橋直純さん)
 ・月白(cv.諏訪部順一さん)

-----

感想
 ・颯
 ・礎奏太
 ・宵宮
 ・月白
 ・常磐

ネタバレ
 ・
 ・礎奏太
 ・宵宮
 ・月白(ネタバレなし)
 ・常磐

※ネタバレは別なブログに飛びます。


-----☆★☆-----


乙女ゲームを新しく
出してくれた会社という事で、
どんな感じかな?と
ワクワクしてプレイしました。

シナリオはとてもしっかりしています。
文章も凄く綺麗で、
主人公や攻略キャラの感情の変化も
とても丁寧に描かれているので、
プレイしているこちらが
置いて行かれる感じも全くありません。

ただ、共通ルートが9章からなり、
そのあたりが長いかな?という印象も。
ですが、2周目からは、
選択肢までジャンプする機能があるので、
凄く早く進みます。
ジャンプがついてないゲームも多い中、
初のソフトでそこまでしっかりと
作ってくれている事に感動しました!

ちょっとした気になる部分も
丁寧に説明されていて。
例えば幽世の景色についてとか、
なんでこんな風景なのか?というのが、
ちゃんとセリフの中で教えてくれる事も
プレイしていて楽しく感じました。

音楽もとても素敵で、
シーンの切り替わりで
BGMがプツリと切れる
…なんていう事もなく、
とても気持ちよくプレイてきました。
主題歌に関しても、
幽世というあの世界の雰囲気と
とてもあっていて素敵でしたし、
細谷さんの歌声も素敵でした!
そしてやっぱり歌がお上手なので、
毎回プレイする度に
聴き惚れてしまいました。

甘さも満足出来るものでしたし、
とても感動出来る内容で、
初めて作られたゲームとは思えないくらい
とてもいい出来の
作品なんじゃないかと思います。

ただ、文章がしっかりしすぎているので、
全体的に長い印象がありますので、
サクサク進めたいって方は
苦手に感じるかも知れません。

【スポンサーリンク】